株式会社ニシボリ環境設備開発では太陽光発電システムの設置をお受けします

太陽光パネル設置に伴い、国からの助成金が出ます

※申請には条件がありますので、お確かめください。

話題沸騰の太陽光発電とは・・・

太陽光発電は、「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する 発電方式で、その膨大なエネルギー量と地球に優しいクリーンエネルギーとして、全世界で注目を集めています。
このしくみを利用した住宅用太陽光発電システムは、自宅の屋根などに設置した 太陽電池で暮らしに必要な電気を生み出します。電力会社の配電する 商用電力と系統連結することによって発電した電気が 余った場合は電力会社に売り(売電)、電気が不足した場合には、これまで通り電力会社 から買う(買電)ことができます。
このように太陽光発電システムは、電力の安定供給を確保 しつつ、発電した電気を無駄なく活用することができる合理的な システムなのです。

太陽光発電のメリット

※クリーンで力強い太陽エネルギー※

太陽光発電は、「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式で、その膨大なエネルギー量と地球に優しいクリーンエネルギーとして、全世界で注目を集めています。
石油を燃焼させて電気を起こす火力発電のように、発電時にCO2(二酸化炭素)や、SOX(硫黄酸化物)、NOX(窒素酸化物)などの 大気汚染物質を発生させることがありません。
ちなみに、結晶系シリコン太陽電池によるCO2削減効果は、1kWシステム当たり年間で314.5kg。
原油削減量は、1kWシステム当たり年間で227リットルになります。
(出典:太陽光発電協会「公共・産業用太陽光発電システム」)

※設置場所の広さにあわせて選べる安心設備※

太陽光発電は、導入するシステムの規模に関係なく発電効率が一定です。設置する場所の広さに合わせて自由に規模を決めることができるため、一般家庭から大規模施設まで、それぞれの施設に合ったシステムを設置することができます。
騒音や排出物もないので、日射量さえ確保できれば、設置場所を選びません。屋根や屋上などへの設置のほか、近年ではビルの壁に設置するケースも増えています。

※ほかの発電システムと比較しても長い耐用年数※

太陽光発電システムは構造的にシンプルであるため、ほかの発電システムに比べメンテナンスも簡単です。 システムの寿命も比較的長く、現在、太陽光発電に用いられる太陽電池の耐用年数は、20年以上とされています(設置場所などの諸条件によって変わります)。